茅ヶ崎 M氏邸

採光の家 重量鉄骨+RC造 地下車庫+3階建

土地21坪と狭小ながら地下〜3階にかけて螺旋階段を中心に回遊性をもたせ、ぐるぐる廻れるようになっていて、行き止まりのない家なのである。

【南外観】 1階LDKから2階ベランダ、寝室にかけての大開口には、180°回転(モーター式)するルーバーがついていて、日射や視線を調節できる。(ベランダは浴室にも面していて、裸のまま外に出てれる。)

【LDK】 天井を観ても照明器具は見当たらず、全て間接照明で明るさを調節している。家具は全て造り付けとしており、4.8mの大収納スペースに建具が付く。

【ボトル棚】 窓(通気窓)を囲むように趣味のボトル棚があり、夜になるとその姿は一変し光の中に浮かび上がる。

【玄関ホール】 地下はRC造で、ヒンヤリとした空間に光が降り注ぐ。大容量下駄箱(靴以外にも雨で濡れたコート、帽子、と便利である)は、間口4.8mの収納があり建具上部に間接照明が仕込んであり絶妙な影を創る。